広告 リバウンドの原因反省

【実体験】短期集中型ダイエットって凄いよ!に隠されている短期集中型ダイエットの闇を暴露

  1. HOME >
  2. LIFEHACK >
  3. ダイエット >
  4. リバウンドの原因反省 >

【実体験】短期集中型ダイエットって凄いよ!に隠されている短期集中型ダイエットの闇を暴露

 

短期集中型ダイエットは、沢山紹介されています。しかし!よ~く考えてみて下さい。

短期間で、痩せるとどうなるのかを。今回は、短期集中でのダイエットのリスクについて

詳しく実体験を交えながら解説していきます。

短期集中型ダイエットの魅力的だがかなりリスキー

短期集中型ダイエットは、数日から数週間という短い期間での大幅な体重減少を目指すもの。

TVやSNSで「2週間で5kg減!」などと紹介されると、その魅力に引かれて試してみるが

しかし、このダイエット法には様々なリスクが伴います。

ここでは、その魅力と側面に潜むリスクについて深掘りしていきます。

本当に短期になってしまいます。ぶっちゃけだるいし。

初めは、一気にドン!と体重減少しますが、

長期間はマジで無理ですね。

辞めたとたんドン!って戻ります。。。

短期集中ダイエットの主な方法

短期集中型ダイエットにはさまざまな手法があります。

  • 超低カロリーダイエット: 1日の摂取カロリーを500〜800kcalなど、
    とんでもなく制限します。
  • 断食/ファスティング:水やお茶のみを断って、
    一時的に固形のものを食べない方法。
    デトックス効果も期待されますが、栄養が偏りがちです。
  • 特定の食品のみの摂取::バナナダイエットやキュウリダイエットのように、
    ある特定の食品群のみを摂取する方法。
  • 因みに私は、プロテインダイエット。1日1食食事で後はプロテイン

特定の栄養素を重点的に摂取することで、体質改善や脂肪燃焼をしっかりと行います。

これらの方法は、一時的に体重を減少させる効果があるため、

バランスを取っていない食事やとんでもない制限が伴うので、

長期的な健康リスクを考慮する可能性があります。

一日1食で後はプロテインの生活を3か月間やって見ました。

-13キロ痩せました。辞めたとたん一気に8キロ戻りましたね(笑)

制限解除の反動を、麺を毎日食べて、歩いてるから大丈夫!

なんて、やってたら全くの無意味でした。

かなりな減量のリスク

当面での大幅な減量には、以下のようなリスクがあります。

筋肉量の減少: カロリーを大幅に制限すると、

体はエネルギー不足を補うために筋肉を分解し始めます。

筋肉は基礎代謝を支える大事な要素。

筋肉量がなくなると、基礎代謝も低下し、

結果実に太りやすい体質になる恐れがあります。

栄養失調:特定の食品だけを摂取すると、

必要なビタミンやミネラル、

タンパク質などが不足する可能性が考えられます。

これは免疫力の低下や肌荒れ、髪の毛のダメージなど、

さまざまな健康問題を考慮してくださいあります。

身体機能の低下: カロリー制限が異常になると、

必要なエネルギーが供給されないため、疲れやすくなったり、

集中力が低下したりすることがあります。

また、長時間の断食は低血糖になることがあるそのため、

気分が不安定になる、めまいや立ちくらみを感じるなどのリスクが考えられます。

短期集中型ダイエットのリスクとその理由

短期集中型ダイエットは、期間を限定して集中的に減量を目指す方法ですが、

そのアプローチにはある程度のリスクが伴います。

そのリスクとその背景にある理由を解説してみましょう。

1.筋肉量の減少

  • リスク:かなりなカロリー制限や過度なカーディオ運動は、
    脂肪だけでなく筋肉も減少させるリスクがあります。
  • 理由:摂取カロリーが驚くほど少ない場合、
    体はエネルギーを確保するために筋肉を
    分解して
    エネルギーに変えようとします。

カーディオ運動とは?

カーディオ運動(または有酸素運動)は、

一定の時間、中程度の強度で行われる運動のことを言います。

この種の運動は、心臓の機能を高め、呼吸を促進し、

全身の筋肉を動かすそれで、心臓と血管の健康を維持・向上させます。

ウォーキング、ジョギング、サイクリング、スイミングなどの

典型的なカーディオ運動になります。

2.栄養不足

  • リスク: 桁外れな食事制限により、
    必要な栄養素を摂取できなくなることがあります。
  • 理由: そのうちの大幅な減量を目指すと、
    食事の見合いが失われ、必要なビタミンやミネラルが不足してしまうことがある。

3.リバウンドのリスク

  • リスク:短期集中型ダイエット後、
    元の食生活に戻ると、急速に体重が戻る(リバウム)

リバウンドを考える主な理由

短期集中型ダイエットがリバウンドの原因となる

主な理由は以下の通りです。

基礎代謝の低下:なくなったように、

筋肉量の減少により基礎代謝が下がります。

これにより、普段の食事量でも脂肪が減りやすくなり、

太りやすい体質になってしまいます。

食欲の増加: 一時の断食や食事制限は、

体が飢餓状態と感じるため、

終わった後の食欲が急増することが一般的です。

この結果、過食につながりやすく、

リバウンドの原因となります。

ホルモンバランスの乱れ: 体が飢餓状態を感じると、

食欲を増進するホルモン「グレリン」の分泌が増加します。

過食や間食の原因となる場合がございます。

もしも!短期集中型ダイエットのやるなら

急激な減量を避け、健康的な短期ダイエットを

行うためのポイントがいくつか挙げられます。

医師や栄養士との相談: ダイエット開始前に、

専門家と相談することで、

自分の身体に合った健康的なダイエット方法を知ることができます。

栄養バランスの良い食事: 低カロリーでも、ビタミン、ミネラル、

タンパク質などの必要な栄養素をバランスよく摂取することが大切です。

特定の食品のみに頼らず、多様な食品群から栄養を摂ることで、

健康的なダイエットが可能になります。

無理のない運動: 筋肉量を選びつつ、

カロリーを効果的に消費するためには、

無理のない範囲での運動が必要です。

ウォーキングや水泳、ヨガなど、

自分の好きな運動を選び、続けることが大切です。

十分な水分補給: ダイエット中は脱水のリスクが高まるため、

十分な水分補給が必要です。

特に運動後や汗をかいた後は、こまめに水分補給しましょう。

適度な休息:無理に運動や食事を制限し続けると、

体に負担がかかり、健康を害する恐れがあります。

短期集中型ダイエットの正しい方法

短期集中型ダイエットは、特定の期間限定で集中的にダイエットを行う手法です。

一時的なイベントや目標に向けての減量など、当面での成果を求める場合に選ばれることが多いです。

その際、安全かつ効果的にダイエットを進めるための方法を知ることがとても重要です。

1. 目標設定

  • 目標体重: まず最初の目標なので、適切な目標体重を設定します。1〜2週間で0.5kg〜1kgの減量を目指すのが適切です。

2. 食事の見直し

  • 三大栄養素のバランス:炭水化物、脂質、タンパク質のバランスを考える。
    特にタンパク質は筋肉量を守るために必要です。
  • 食事のタイミング: 夕食は就寝3時間前までにしましょう。
    適切な心構えで食事を摂ることで、血糖値の急激な上昇・下降を控えます。
  • 間食の避け方:適度を感じたら、低カロリーの食品や水、お茶で満たします。

3. 運動の取り入れ方

  • 有酸素運動:ウォーキングやジョギングなどの
    有酸素運動は脂肪燃焼に効果的です。
    週に3〜5回、20〜30分程度を目指してやっています。
  • 筋トレ: 筋肉量を減らさないために、
    基本的な筋トレを取り入れます。
    腕立て伏せやスクワットなど、無器具で決めるものから始めると良いでしょう。

4. ストレス管理

  • リラクゼーション: ダイエットはストレスの原因となることがあります。
    週に1〜2回はリラクゼーションタイムを持ち、
    バスタイムや読書、瞑想などでリフレッシュします。※これは結構重要な要素です。食べないストレスっ結構エグイですから。
    リラックスして何もしない。
  • 十分な睡眠: 7〜8時間の睡眠を目指しましょう。
    睡眠不足はホルモンバランスが乱れ、ダイエットの不安になります。

5. 日常生活の見直し

  • 立ち歩き: まるで立ったり歩いたりする時間を増やし、
    日常生活の中での運動量を増やします。
  • 水分補給:1日に1.5〜2Lの水分を摂取しましょう。
    脱水は基礎代謝を低下させる原因となります。

短期集中型ダイエットでも、健康を維持することが最優先です。

無理なく、楽しみながらダイエットを行うことで、

リバウンドのリスクも軽減します。

最後に、短期集中型ダイエット後は、

正しい食事や運動を継続し、健康的な生活を大切にすることです。

短期集中型ダイエットをまとめると

短期集中型ダイエットの魅力は、

短期間での体重減少を実感できる点にあります。

健康問題を考える可能性があるため、注意が必要です。

ダイエットを成功させるためには、

バランスの良い食事、正しい運動、十分な休息など、

多角的なアプローチが求められます。

短期の成功よりも、長期的な健康と美しさを追求する姿勢が大切です。

 

-リバウンドの原因反省