広告 リバウンドの原因反省

リバウンドの罠を解明!心のサインで見るストレス食の解消法

  1. HOME >
  2. LIFEHACK >
  3. ダイエット >
  4. リバウンドの原因反省 >

リバウンドの罠を解明!心のサインで見るストレス食の解消法

リバウンドの心理の背景を読み解いてみると

何故リバウンドが起こってしまうのか?

せっかくダイエットを始めて、

体重が減ったと喜んでいたら、恐れていたリバウンドに・・・

実は、リバウンドには、ダイエットと心の繋がりに関係がありました。

それは『ストレス』。

食べれないストレスは半端ないです!

ダイエットをすることで、食への我慢だったり、

自分の性格だったりと、ストレスを感じることで、

食へと逃げてしまう結果を招くこともあります。

結果的にリバウンドの元凶になりかねません。

制限による反動

ダイエット中に過度なと食事制限をすると、

身体は栄養素やエネルギーを欲するようになります。

また、心理的に『食べてはいけない』という

過度な食事制限のダイエットが、逆に『食べたい』という欲求を強くします。

そのため、ダイエットが終わったとたん反動で、

我慢していた欲求が一気に爆発し、過食につながることがよくあります。

完璧主義の罠

痩せようとダイエットを始めた時に、カロリー制限をしたり、

毎日◯◯分は筋トレするなど、痩せるために『痩せるためにこうするべき』と

、自分自身に厳しいルールを課していたりします。

そして、1日でもダイエットメニューが出来なかったり、

少しリバウンドすると『自分はダメだ』と、考えてしまう『完璧主義者』の人もいます。

この少しの失敗やズレを感じ、ダイエットに

ストレスを感じながら、自分自身を責めて罪悪感を感じ、

そこから現実逃避しようと、食へ逃げてしまうこともあります。

ストレスとの関連

『ストレス太り』なんて言葉がありますよね。

これは、ストレスがかかると、抗ストレスホルモンであるコルチゾールの分泌が増えます。

コルチゾールは、ストレスから身を守るだけでなく、

糖を作る・脂肪の分解・抗炎症・免疫抑制といった

作用がある体に必須のホルモンです。

しかし、ストレスによってコルチゾールの分泌が慢性的に多くなると、

インスリンの効きが悪くなり、血糖値や血圧が上がりやすく、

自律神経のバランスが乱れるなど、体の機能が正常に働かなくなってきます。

そして、幸せホルモンと呼ばれる食欲を抑える『セロトニン』が減少します。

このセロトニンの働きが抑制されるために、食欲が増してしまいます。

これでは、ダイエットをしていてもストレスの影響で

思うように痩せることは出来ません。

何故なら、食べる量に気を付けていても、

ホルモンバランスの乱れによる代謝の異常で太る場合があるからです。

しかも、糖尿病や生活習慣病のリスクも高まります。

自己評価との関連

ダイエットの成功や失敗は、

多くの人にとって自己評価と密接に関連しています。

体重が増加することで、自己評価が下がり、

それを緩和するための手段として食べるというパターンが生まれることも。

過去の経験との関連

過去に何度もダイエットを試みて失敗していると、

新しいダイエットを始めるたびに

「また失敗するだろう」という光景が生まれます。

このような否定的な自己予測は、

実際の行動にも影響を思いがけず、リバウンドを考えて得ます。

心のサインを読む技術は必要

食べたいと思う瞬間に何を感じますか?

感情のトリガーを認識します。

ストレス食の横に隠れる真の欲求。

感情の追跡

毎日の感情や食事に関する欲求を日記やアプリで記録することで、

自分の心の動きやトリガーを理解することができます。

特定の感情や状況が食べ過ぎや無駄食いの原因となることを

発見することができれば、

それを改善する考え方ができることになります。

マインドフルネスの導入

マインドフルネス瞑想や呼吸法を導入することで、

自分の感情や欲求に対する意識を高め、

その瞬間での選択をより良いものにする助けとなります。

反応ではなく応答の選択

ストレスや感情の波にだけ反応するのではなく、

その感情を受け入れてからどのように応答するかを選ぶことが大切です。

一呼吸置く「本当に食べたいのか?」と自問自答する時間を持つことで、

意識的な選択ができるようになります。

自分自身への優しさを持つ

リバウンドや食事に関する失敗を自分自身に感謝するのではなく、

それを学びの一部として受け入れることが重要です。

感情の向こうにある真の欲求を見つける

ある感情や欲求が湧き上がったとき、

それが本当に食事に関するものなのか、

他の欲求(例:安心感、愛情、承認欲求など)が

食事という形で表れているのかを捉えることが大切です。

サポートを求めるって意外と重要です。

心のサインを読むことは簡単ではありません。

カウンセリングやサポートグループに参加することで、

他者の視点や共感を得ることができ、

自分の感情や欲求をより深く理解するお手伝いとなります。

悩みを解決へ導く具体的なステップ

心に正直に。日記や感情の追跡。

環境の変化をもたらす。ストレス源の特定と緩和の方法。

心の満足を求める新しいルーチンの提案。

新しい自分を取り入れる方法

完璧を求めずに、今の自分を愛する。

過去の失敗から学び、前向きに視点の変化。

サポートが必要な時の頼り方

信頼できる人とのコミュニケーションの大切さ。

プロのサポートを求める際のアドバイス。

最後に・・・

リバウンドやストレス食は、心のサインからのメッセージ。

それを正しく理解して、

感情や欲望の観点にある真の意味を探ることで

、健康的なダイエットへの道を再び歩むことができます。

自分の心に耳を傾け、環境を変える勇気を持ち、

必要であればサポートを求めます。

新しいスタートを切るための具体的な一歩とともに、

あなたの新しい未来を共に創り上げましょう。

「あなたの心の声に耳を傾け、

新しいスタートを。

今すぐこのステップを試してみましょう。

あなたの新しい未来は、ここから始まります。」

-リバウンドの原因反省