広告 成功者の声!リバウンドを乗り越えた実践ストーリー

ダイエット成功のカギリバウンド時に実践したい正確な体重計測ガイド

  1. HOME >
  2. LIFEHACK >
  3. ダイエット >
  4. 成功者の声!リバウンドを乗り越えた実践ストーリー >

ダイエット成功のカギリバウンド時に実践したい正確な体重計測ガイド

ダイエットは誰もが一度は挑戦するもの。その過程で得られる喜びと、

リバウンドによる悔しさ。この二つはダイエットの常です。

具体的な事例とともに、体重の正確な測定方法とその活用方法をご紹介します。

この情報を武器に、リバウンドの無いダイエットを目指して、

次はさらなる成功へのステップを踏み出しましょう。

リバウンド時の正しい体重の測り方

ダイエットという挑戦は、非常に嬉しい瞬間、挫折や挫折もあったもの。

中でもリバウンドは、多くの人が経験する壁の一つと言うわけではありませんが、

正しい体重の測り方とデータの正確な活用方法は、再び成功への道を示す指南書となるので

しっかりとした正しい体重の測り方を知っておきましょう!

 

測定のタイミングはぶっちゃけ朝の体重を基準にする

最初に重要なのは、「いつ体重を計るか」というタイミング。

研究結果や専門家の意見を取り入れて、

朝一番、排泄を除いた後の体重が、最も正確かつ基準として正しいです。

リバウンドを経験した後、夜と朝での体重の違いに気づきました。

夜、食事後の体重は食事の影響を大きく受けるため、

朝との間で1~2kgの違いが出るこの認識を持つことで、適切な評価が可能となります。

 

なぜ朝の体重を基準にするのか?

ダイエットや健康管理をする上で、

日常的に体重計であることは一般的な習慣となっています。

しかし、体重計に乗るタイミングによって、

表示される数字には大きな違いが出ることがあります。

多くの専門家や研究者が推奨するのが「朝の体重」を基準とする方法です。

では、なぜ朝の体重が正しいのでしょうか?

体液のバランスが安定している

睡眠中には、私たちの体は排泄機能を注意深く、

念のため水分や塩分を排出します。

その結果、朝起きた時々体内の水分バランスが

最も安定しており、変動が懸念されますこれに対して、

一日を通して飲食することで体内の水分量は増加し、

それが体重に大きくなる可能性があります。

食後の影響を受けにくい

朝起きた直後は、普通は夕食を食べてからかなりの時間が経過しています。

そのため、食事による胃や腸の内容の重さが

体重に影響を与えることは少ない、

より体の実質的なもので重さを計ることができます。

統一性が保っている

日常的に体重を計る場合、計測のタイミングを統一することで、

日々の変動を正確に把握することができます。

朝、特定のルーチンの中の体重計測を組み込むことで、

継続性を持たせます簡単に、データの比較も簡単になります。

活動前の基礎体重としての機能

朝の体重は、その日の活動を始める前の「基礎体重」としての機能を実行します。

これを基準にすることで、その日の活動や食事が

体重にどれだけの影響をとりあえずたかを、

朝の体重と比較することで把握することができます。

正確な計測のための体調管理

体重は日々の生活習慣や食事内容、さらには飲酒の有無によっても大きく変動します。

Bさん(40代男性)は、頻繁な仕事後の飲み会により

、翌日の体重に大きな変動を感じていました。

しかし、アルコールの摂取や夜の遅い時間の食事が

体重や体調への影響を考慮することを理解することで、

正しい生活習慣の見直しを始めるきっかけとなりました。

正しい水分補給

  • 水分過多:大量の水を一度飲むと、短時間で体重変動が起こります。
  • 水分不足:脱水状態になると、実際の体重よりも軽く表示される可能性があります。→コツ日中も適量の水分を均等に摂取することで、
    体の水分バランスを安定させましょう。

2. 食事のタイミングと内容

  • 朝食を摂らない、または夕食をたっぷり摂ると、
  • 翌日の体重計測時に変動が出やすくなります。→コツ三食をしっかりと摂ることで、
    体のエネルギーバランスを安定させることが重要です。

3. アルコールの摂取

  • アルコールは体内で水分を排出させる作用があり、
    摂取後は脱水状態になりやすい。→コツアルコール摂取の際は、適切な水分補給を心がけ、
    翌日の計測は摂取しない日と比較して判断しましょう。

4.塩分の取りすぎ

  • 塩分が多い食事は体内に水分を留める傾向があり、
    短期的な体重増加の原因となることがあります。→コツ日常の食事での塩分摂取量を意識し、
    高い場合は調整しましょう。

5.正しい睡眠

  • 睡眠不足はホルモンバランスを乱すことが知られており、
    それが食欲や体重に向かう可能性があります。→コツ日常的に7~8時間の質の良い睡眠をとることを心掛けましょう。

6. ストレスの管理

  • ストレスが増加すると、食欲の増加や代謝の低下が起こることが報告されています。→コツ:日常生活の中でストレスを感じた場合は、
    リラクゼーション方法や適切な運動で緩和するようにしましょう!

正しい計測機器の選択

体重を計るための機器選びも非常に重要です。

現代には多種多様な体重計が市販されており、

その中から最も正しいものを選ぶ必要があります。

Cさん(20代女性)は初めは価格を重視し、

安価な体重計を選びました。

ただし、友人の高性能な体重計と比較してみると、

その差は歴然です。

信頼性や精度を確保するためには、

少し投資することも場合によっては必要です。

おススメの体重計

体重の正確な計測は、ダイエットや健康管理の成功の鍵です。

市販されている体重計はたくさん、

どれが自分に合っているのか注目することも。

信頼性、機能性、価格帯、デザイン…各製品の特徴をしっかり比較し、

最適なものを選びましょう!

 

連続的な記録で変動を把握

日々の体重の変動を正確に把握するためには、

連続的な記録が欠かせません。

Dさん(50代男性)は毎日の体重を一貫して記録し、

今月にはそれをグラフにして分析この習慣により、

彼は特定の生活習慣や食事内容が体重に与える影響を

具体的に把握することができ、

それを基に改善策を立てることができました。

体重だけではない、体脂肪率の重要性

体重だけを見てダイエットの成果を判断するのは、実は早計です。

Eさん(30代女性)はジムでトレーニングを継続していたもの、

体重に大きな変動が見られないことに悩んでいます。

しかし、トレーナーのアドバイスで体脂肪率を計測するようになりますと、

筋肉量の増加と体脂肪の減少を明確に確認することができました。

このように、体脂肪率を含めた複数の指標を参照することで、

より適切な評価が可能となります。

リバウンドの経験は、多くの人にとって心が折れそうな瞬間かもしれません。

しかし、上記のような方法を取り入れることで、

再び成功への道を切り開くことができるはずです。

この記事が、新たな一歩を踏み出す助けとなることを心より願っています。

-成功者の声!リバウンドを乗り越えた実践ストーリー