広告 TRENDHACK

池袋暴走事故の賠償金は誰が払う?殺害予告なんてイカれてる!冷静に見れば分るはず。

  1. HOME >
  2. TRENDHACK >

池袋暴走事故の賠償金は誰が払う?殺害予告なんてイカれてる!冷静に見れば分るはず。

もし仮に自動車事故が起きた時、被害者の治療費や車の修理代、その他の被害に対する保険金は一体誰が負担するでしょうか?

事故の原因や状況によっては、支払い義務が異なる場合がありますよね?事故の際に発生する保険金の支払い責任についてわかりやすく説明します。

この記事で解る事

  • 保険金の仕組み
  • 池袋暴走事故の賠償金
  • 民事裁判中の保険会社
  • 高齢者の事故多発

自動車保険の仕組みを解りやすく解説

元輸入車ディーラー勤務の私が、分かりやすく自動車保険について解説していきましょう!自動車事故の保険には、大きく分けて「自賠責保険」と「任意保険」の2種類があります。

自賠責保険は、法律で加入が義務付けられている保険で、自動車を運転中に他人をケガや死亡させた場合の賠償を補償します。

自賠責保険は、死亡や後遺障害に対しては最大4,000万円、傷害に対しては最大120万円までの補償があります。

任意保険は、加入するかどうか、どのような補償を選ぶかを個人が決められる保険です。今は、任意とは言っても先の様な痛ましい死亡事故を考えると当たり前ですが、加入は必須ですよね?

任意保険は、自賠責保険ではカバーしきれない部分を補うことができます。例えば、以下のような補償があります。

対人賠償保険:相手の身体や財産に対する補償で、
自賠責保険の上限を超える部分や無制限にすることができます。対物賠償保険:相手の車や家などの物に対する補償で、自賠責保険では補償されません。

搭乗者傷害保険:自分や同乗者のケガや死亡に対する補償で、事故の過失割合に関係なく支払われます。人身傷害補償保険:自分や家族などが歩行中や
他の車に乗っている時に事故に遭った場合の補償で、過失割合に関係なく支払われます。

車両保険:自分の車の損害に対する補償で、
事故だけでなく盗難やいたずらなどもカバーできます。任意保険の保険料は、補償内容だけでなく、
車種や用途、運転者の年齢や範囲、等級や走行距離などさまざまな要素によって決まります。以上が自動車事故の保険の仕組みの概要です。

自動車事故を起こしたら誰が保険金を払うのか?

飯塚受刑者に賠償命令

2019年に発生した池袋の暴走事故で、妻と子を失った松永拓也さん(37歳)をはじめとする遺族は、飯塚幸三受刑者(92歳)と

保険会社に対して損害賠償を請求するこの裁判に関して、東京地方裁判所は27日前に下し、受刑者である飯塚幸三受刑者に対して約1億4600万円の支払い命じました。

これに対し、事もあろうか『高齢の受刑者に賠償金を払わせるのは可笑しい』などと殺害予告があったと報じられています。

「自分は暴力団。歳のいった飯塚にお金を払わせるのはおかしいので、近いうち松永を殺す」

TBS NEWS DIG

保険金の仕組みを理解してない頭のおかしい人間の誹謗中傷なんでしょうね?2019年のあの死亡事故から4年も経って未だに裁判で争ったり、誹謗中傷を受けたりと本当に心中お察しします。

池袋暴走事故の受刑者飯塚幸三の保険会社は一体どこの保険会社なのか?

【池袋暴走事故飯塚幸三】契約してた損保会社、遺族の松永さんに攻撃的な反省的な文書を突きつけか?とTwitterで話題となってます。

攻撃的な反省文って物凄く功名ですよね?一見、反省しているような文章でも所何処に被害者を貶めるような内容が入ってるって事ですね?

ビックモーターでも話題となった保険会社。勘違いしてるんでしょうかね?保険会社って加入者の方からお金を集めて運用し、何かあった場合に支払うってのが本来のあるべき姿です。

それを反省しつつも威圧的とは、どこの保険会社なのか明らかにするべきです。瞬殺で潰れるでしょうね!絶対そんな保険会社誰も加入しないでしょう。

受刑者飯塚幸三さんはなぜ禁錮になったのですか?

風化させてはいけないので敢えてこの事件について振り返ると・・・

飯塚幸三受刑者とはどんな人物なのか?

飯塚幸三受刑者とは、日本の研究者で元通商産業省技官の人物です。官僚の方ですね。そして、専門は計量学で、測定器誤差と形状誤差を分離して真円度や円筒度を測定できるマルチステップ法の開発者として知られているそうです。

また、国際度量衡委員会や国際計測連合などの計測の国際標準化活動にも貢献しました。と言う社会的にも地位や名誉のある人物だったようです。

池袋暴走事故

それが、2019年4月に飯塚さんは、ブレーキとアクセルを踏み間違えたことで車を暴走させ、交差点に進入しました。レストラン予約に遅れるので車使い移動中、運転操作を誤り交差点に侵入11人を跳ね飛ばし、横転して停止。足が悪く歩くのも杖が必要な状態だったようです。慢心なのか慣れだったのか運転はしてはイケない人だったと思います。お互い不幸ですね。

プリウスロケットや上級国民などと揶揄されていました。飯塚幸三さんは、この事故で自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致死傷)で禁錮5年の実刑判決が確定しました。

2021年10月には、東京地裁が飯塚幸三側に約1億4000万円の支払いを命じる判決を言い渡しました。

車の責任として裁判で争い、自身のミスを認めず大炎上しました。この事件に限らず、最近は高画質のドラレコが普及し高齢者の恐ろしい事故がネット上に上がるようになってきています。

本当に社会自体この問題を考えないとどんどん不幸な事故が今後増えてくると安易に想像が付きます。あの時、運転しなければとか免許返納しておけば、でも足が悪いから移動手段は必要。地方に行けば、この問題って如実に出てきます。だって車無いと不便だし。

高齢者の恐ろしい事故事例

75歳以上のドライバーによる死亡事故は、2年連続で増加しているそうです。去年の2022年には、前年に比べ33件増の379件で、2年連続の増加となりました。

これは、1947〜49年生まれの「団塊世代」が75歳以上となり始めた影響とみられています。丁度私は、47歳でうちの母親の世代となります。母は、早くから運転免許は返納してますが、

実家は長崎何ですが、土地柄坂も多く例えば、水なんか購入すると移動手段はバスか近くの姉の送迎になります。ネットが普及し買い物は持ってきてもらうなんてことも出来ますが、ちょっと少し買うなんてなると

やっぱり近くのスーパーでってなりますよね?結局そういうところなんです。ちょっとだし雨降ってるから車で、ってなってたまたま事故を起こす。しかも死亡事なんてシャレになんないですよね?

-TRENDHACK