広告 TRENDHACK

神田憲次財務副大臣余裕の差押4回この人のWIKIは?何者なのか?

  1. HOME >
  2. TRENDHACK >

神田憲次財務副大臣余裕の差押4回この人のWIKIは?何者なのか?

11月8日に発売の『週刊文春』で、愛知5区選出の衆議院議員・神田憲次(60)財務副大臣が、税金の滞納を繰り返していたとされる問題についてご紹介していきます。普通に辞職しないどういう神経してるのか?どんな人なのか?Wikiは?

神田財務副大臣 税金滞納

神田財務副大臣は、9日午前に開かれた参議院の財政金融委員会の答弁で、野党側から週刊文春の記事についてただされました。

滞納は今回だけでなく、2013年以降5計4回でいずれも固定資産税だったとも明らかにした。平成25年11月自由民主党 財政・金融・証券関係団体委員会 副委員長内容としては、

自身が代表取締役を務めている会社が保有する土地と建物について、税金の滞納により差し押さえを受けたことがあるのは事実。
皆様方をお騒がせしていることを大変申し訳なく思う。この点について深く反省している。

と陳述するも、滞納し差し押さえされたのは2013年以降、計4回でいずれも固定資産税だったとも明らかになりました。

国会議員としての職責を全うするところに比重があり、督促状などの文書については、税理士事務所のスタッフに任せていた。
業務が多忙で、そういった点を関知することができなかった。
税は国民の義務であり、軽んじるつもりはなかったが、管理が行き届いていなかった。
』と、釈明しました。

午後の質疑でも追及を受けた神田氏は、
議員の職務が忙しくなる中で、郵便物を見ることが遅れた。
督促状をあまたある書類の中から発見した時には納付した。
』などと答弁しました。これに対し、共産党の小池晃氏は、

『国会議員だから忙しくて見られなかった。
そんな言い訳が通用すると思っているのか。
国会議員だからこそ、納税の義務を真っ先に果たさなければいけないのではないか。』と批判しました。

『副大臣の身を引くべきではないか』と問われたのに対し、

これまで政治家としてなすべきことをなしてきたという自負はあるが、引き続き職務の遂行に全力を傾注する所存だ。』と述べました。

立憲民主党・長妻政務調査会長は、記者会見で、『岸田総理大臣は政務三役の人事について『適材適所』と言っているが『不適材不適所』ではないか。
疑惑の段階だが、きちんとした説明ができなければ、責任は免れないのではないか。』と述べました。

また、立憲民主党・斎藤参議院国会対策委員長は、

『言語道断だ。多大な国民負担をこれからお願いしようという立場の中心にいる財務省の責任者の1人がこういう状況にあるのは許しがたい。即刻辞任すべきだ。本人は引き続き職務にあたると言っているが、岸田総理大臣は更迭すべきだ。
適材適所どころかミスキャスティングの極みだ。』と述べました。

日本維新の会・馬場代表は、

『国民の立場からすれば、税は『取られている』という感覚を持つ人が多く、適正に納税していなかった人が役職につけば、税に対する信頼や信用が非常に低下する。岸田政権はなぜか、過去に問題のあった人を、そのセクションの監督官庁の役に就けているように見受けられるが、関連するトラブルが過去になかったかくらいはもう少し調べてもいいのではないか。』と述べました。

この一件で、ますます岸田政権への不信が増していることは間違いないですね。

そして、過去にも
神田氏の資金管理団体『神友会』と、政治団体『神田憲次後援会』、神田氏が支部長を務める『自由民主党愛知県第五選挙区支部』の3団体はいずれも、2019年まで4年連続で、政治資金収支報告書を法定の期限までに提出していなかったそうです。

神田氏は税理士で、かつ総務省の政治資金適正化委員会に監査人登録しているにもかかわらず、長きにわたり期限を守ることができなかったとのこと。

また、2022年6月9日、衆議院本会議に遅刻し、細田博之衆議院議長に対する不信任決議案の採決に間に合わなかった。
翌6月10日、自民党の高木毅国会対策委員長は神田を厳重注意したとのこと。

こうしてみると、今回の件もそうですが、だらしない性格なのかもしれません。岸田さん本当に脇が甘い。聞く耳も持たない。いやー選挙どうなるんでしょうね?

神田財務副大臣の wiki

名前:神田憲次(かんだ けんじ)
生年月日:1963年2月19日
年齢:60歳
出身地:大分県
学歴:中京大学大学院法学研究科・愛知学院大学大学院商学研究科修士課程修了
前職:税理士
所属政党 :自由民主党(安倍派)
選挙区:(愛知5区→)(比例東海ブロック→)愛知5区
当選回数:4回
在任期間:2012年12月16日〜現職

神田財務副大臣の経歴は

昭和60年:中京大学文学部英文学科卒業

昭和63年:中京大学大学院法学研究科修士 課程修了

平成元年:愛知学院大学大学院商学研究科 修士課程修了

平成3年:税理士登録

平成12年:神田憲次税理士事務所開業

平成24年: 第46回衆議院議員総選挙で当選 (1期目)

平成26年12月:第47回衆議院議員総選挙当選(2期目)

平成29年10月:第48回衆議院議員総選挙当選(3期目)

令和5年9月:第2次岸田第2次改造内閣で財務副大臣に就任

自由民主党
財務金融部会・副部会長又は部会長代理
金融調査会・副幹事長
商工・中小企業関係団体・委員会委員長又は副委員長
デジタル社会推進本部・常任幹事などを務めています。

神田財務副大臣のは?家族

家族構成は、SNSやプロフィールにも家族や結婚のことの記載はありませんでした。

結婚指輪もしていないので、結婚しているのかも分かりませんが、年齢的に既婚者である可能性が高いと思われます。

ただ、防衛庁長官や衆議院副議長を務めた衛藤征士郎は『又従兄弟』にあたるそうです。
※親同士がいとこの関係にあること。

尚、衛藤氏・神田氏はいずれも自民党の同じ派閥(安倍派)に所属しています。

-TRENDHACK