広告 TRENDHACK

【タカラジェンヌ転落死】火傷後?いじめ?劇団側の報告がエグい!有愛きいさんのWIKI

  1. HOME >
  2. TRENDHACK >

【タカラジェンヌ転落死】火傷後?いじめ?劇団側の報告がエグい!有愛きいさんのWIKI

9月に現役タカラジェンヌが、マンションから転落死をした件について何故急死したのか?いじめだったのではないのか?人が死を選ぶってよっぽどの事が無い限りの事だと思います。様々な報道をまとめ個人的な見解を述べさせていただきたいと思います。

タカラジェンヌが突然の急死

9月30日午前7時頃:兵庫県宝塚市のマンションに住む宙組に所属する25歳の現役タカラジェンヌが、自宅マンションから転落死。週刊文春によると、9月28日:宙組の上級生から『集団リンチのような目にあっていた』と、報じられました。亡くなる前日の29日:母親に『精神的に崩壊している』といった趣旨のメッセージを送っていたそうです。

宝塚の宙組4人と言うワード

遺族の代理人弁護士が10日、東京都内で会見を開き「過重な業務や上級生のパワハラによって心身の健康を損ない、自殺に至った」と訴えた。遺族は「宝塚歌劇団に入ったこと、何より、宙組に配属されたことがこの結果を招いた」とコメント。歌劇団とパワハラの加害者に責任を認めて謝罪するよう求めた。11月14日:宝塚歌劇団に所属する25歳の女性が自宅マンションの敷地内で死亡した問題について、劇団側が報告書を発表しました。

上級生によるパワハラを否定
・宙組・4人の劇団員がヒアリングを辞退している。
・辞退理由は『ご容赦ください』と、明確な理由は避けた。
・全員には聞けてはいない

このことで、報告書の信頼性が問われています。人が亡くなっています。しかも自ら死を選んでいる状況です。徹底的に調査し、何なら第三者委員会などを設置して調査しなければいけない問題だと認識しているんですかね?疑わしいです。今後どこかの大学のような事態に隠ぺい体質を疑われても仕方ないですよね?

宝塚歌劇団・木場健之理事長は、『ご遺族の皆様には大切なご家族を守れなかったこと、心より深くおわび申し上げます』と、謝罪。しかし、一部週刊誌で報じられた上級生からの『いじめ』の疑惑については、『今回の報告書の中では、個人に対するいじめやハラスメントは確認できなかった』とされており、例えば『嘘つき野郎』『やる気がない』といった発言の有無については、すべて伝聞情報であり、実際にそのような発言があったことは確認されていません』とのこと。また、遺族側も会見を行い『パワハラ問題』に関する報告書の内容は間違いだという見解を示し、事実関係の検証を再び行うべきだと述べていました。

タカラジェンヌの急死した人物は誰なの?

宝塚歌劇団の宙組に所属する女役・有愛きいさい(25)。京都市にある140年以上続く由緒ある漬物屋に、双子の姉妹の長女として生まれた。新人公演を仕切る宙組のリーダー(新公長)を任せられていた。

タカラジェンヌのいじめ体質

2021年8月:宙組の上級生からヘアアイロンを額に押し付けられ、やけどを負った。この件を今年2月に週刊文春が『いじめ事件』と報じました。内容としては、『舞台での前髪の作り方を教えてあげる』と言われ、 同じ宙組の先輩からヘアアイロ ンをおでこに押し当てられて、ミミズ腫れのような火傷を 負ったというものです。この報道後、上級生から『うそつき野郎』と、ののしられ、精神的負荷を受けて体調を崩すようになったそうです。

有愛さんが亡くなり遺族側は、調査チームのヒアリングに対して、ヘアアイロン事件が起きた際、有愛さんは家族にLINEを送っていました。『やけどされた』『ちゃいろになってる』などの悲痛なLINEの履歴や、母親は『赤くなって3cmも皮膚がめくれ上がっている状態だった』という証言などを提出。しかし、劇団側の回答は、『ロッカー室で宙組劇団員Aから髪形の指導を受けていたところ、Aが故人の前髪をヘアアイロンで巻こうとした際、故人の額にヘアアイロンが当たり、故人が額にやけどを負った。同日、故人は劇団診療所に行き、塗り薬をぬってもらった。看護師によると、痕には残らない程度のやけどと思われ、ヘアアイロンでやけどをすることは劇団内では日常的にあることであり、記録は残していないとのことであった。ヘアアイロンの件を目撃した他の劇団員はいなかった』と、ヘアアイロンがあたったことは認めましたが、故意にやっていないと述べていました。

その他にも、歌劇団の全5組のうち、7年目の生徒は最多8人いる組もあるが、宙組は有愛さんを含め3人しかおらず、うち1人は休演中。下級生への演技指導など過重な業務に追われていた。代理人によると、8・9月の約1か月半で休日は6日ほど。亡くなるまでの1か月間の時間外労働の推計は『過労死ライン』を大幅に超える277時間に上るという。

睡眠は連日約3時間で対応して奮闘した有愛さん。しかし、稽古中に上級生に呼び出され、『下級生の失敗は全てあんたのせいや』『マインドが足りない。マインドがないのか!』など罵声を浴びせられたそうです。代理人は、『(まとめ役を)2人でやるのは到底無理。過労の極みにあり、加えて上級生はパワハラ。演出家もしっかりしたサポートを行わなかった』と、問題点を説明しました。

劇団側は、『ハラスメントやいじめについて、今回の報告書のなかでは故人に対するいじめやハラスメントは確認できなかったとされており、例えば『嘘つき野郎』『やる気がない』といった発言の有無についてはすべて伝聞情報であり、実際にそのような発言があったことは確認されておりません』また、下級生の負担の把握については、『難しいですとか無理ですとかいう声は届いておりませんでした。生徒の頑張りに甘えていた』と、負担の大きさについては、改善していくとしながらも、遺族側のいじめやハラスメントなどの訴えに到底納得のいく回答には至っていませんでした。その他にも、週刊文春の情報では、有愛さんは、新人公演を仕切る宙組のリーダー(新公長)を任されており、演出をめぐり宙組から孤立していったと報道されています。

新人公演は、入団1年目〜7年目の生徒だけで行う公演。有愛さんは、最年長の7年目としてリーダーを任されていましたが、下級生から『なんであの子があの位置なの。公平じゃない』などと、突き上げを受けていたといいます。

上級生からは、尋常ならぬ怒号を浴びせられていたようで、指導と称した説教は夜中まで続き、 亡くなる直前は深夜12時過ぎにまで及んでいたとのこと。
宙組には、新人公演のメンバー以外の上級生が約20人いて、世話役であ組長やトップスターは、見て見ぬふりをしていたとか。

ある番組では、匿名で取材を受けたOGは、
・先輩が笑っても、1年目は笑ってはいけない
・階段を1段抜かして上がったり、廊下を走れば呼び出し
・連帯責任で全員呼び出し

その時は、それが当たり前で稽古の一貫だと思い込んでいたと言います。
厳しい上下関係・稽古・規則に洗脳されているんでしょうね。

ただ、宝塚には5つの組があり、当たり外れ組があるようです。
特に宙組は、学級崩壊が深刻で、 生徒同士の喧嘩なんてしょっちゅうで、衣装が破かれたり、モノがなくなったりもするという話もあるそうです。

厳しい倍率の中から選ばれたタカラジェンヌですから、厳しい世界なのは想像はつきます。
そして、努力を惜しまずに言われれば、キャパオーバーでも、やらざるを得ない状況になっているのでしょう。
しかし、今回の有愛さんの転落死の原因を、劇団側は本当に深刻に重く受け止めているようには思えないと言わざるを得ません。

このままでは、また誰か被害者が出てしまわないか心配になります。

有愛きい(井上奈美)さんのwiki

名前:有愛きい(ありあ きい)
本名:井上奈美(いのうえ なみ)
生年月日:1998年4月22日(25歳)
出身地:京都府京都市
身長:164cm
出身高校:ノートルダム女学院高校
所属:宙組
役柄:娘役
愛称:きいちゃん・なみ

2015年4月:宝塚音楽学校に入学受験した人数は1063人で、そのうち合格者は40人。競争倍率26.6倍を勝ち抜いた人物ということで、 それだけでもかなりエリートなのが伺えます。2017年3月:宝塚歌劇団に入団。宝塚歌劇団103期生になります。2017年4月:初舞台『Dramatic“S”!』でした。2023年9月30日以降の舞台では出演を休んでいるといった状況です。有愛さんは双子の姉で、双子の妹は『一禾あお』さんで、同じく宝塚歌劇団所属です。ちなみに妹・一禾さんは、宝塚歌劇団102期生で、雪組・男役のタカラジェンヌです。妹・一禾さんの方が1年先輩となります。26倍ですよ!人生の全てをかけて臨んだんだと思います。それが死を選ばなければならない理由ってなんなんでしょうか?真相解明は宝塚の急務だと思います。

-TRENDHACK