広告 TRENDHACK

朝倉未来が秒殺でKO負け!衝撃の引退宣言でどうなるのか?気になる今後の展開

  1. HOME >
  2. TRENDHACK >

朝倉未来が秒殺でKO負け!衝撃の引退宣言でどうなるのか?気になる今後の展開

11月19日YA-MANと対戦した朝倉未来が、試合開始67秒という秒速KO負けをし、引退を示唆しました。

朝倉未来の衝撃KO負け

11月19日YA-MANが主催する全試合オープンフィンガーグローブ(OFG)着用の立ち技格闘技イベント『FIGHT CLUB』が都内某所で行われ、YA-MAN(TARGET SHIBUYA)と朝倉未来(JAPAN TOP TEAM)が対戦。開始67秒でYA-MANが、朝倉から2度のダウンを奪いKO勝利を収めました。朝倉は、7月30日に開催された『超RIZIN2』で、ヴガール・ケラモフとRIZINフェザー級王座決定戦で対戦し、タップアウト負けして以来4カ月ぶりの再起戦だったが、惨敗を喫してしまいました。

RISEのオープンフィンガーグローブ王者YA-MANとMMA朝倉が挑む立ち技マッチの異色カードは、YA-MANの爆発力を凝縮した驚きの秒殺劇となりました。1ラウンド、YA-MANがコーナーに追い込みパンチを強振、朝倉がミドルを見せる。この日のゲスト解説RISEの伊藤隆代表が「これYA-MANの距離です」と口を開いたそのとき・・・じわじわ距離を縮めローで削りながらYA-MANが放ったワンツーからの3発目の右ストレートが朝倉を直撃。

朝倉は、前のめりにぐにゃりと崩れ落ちてダウン。なんとかリカバリーしたものの、YA-MANはさらに追撃を加え朝倉をKO。実況も『(朝倉選手の)あんな倒れ方見たこと無い』と思わず声を上げるほどでした。試合時間77秒、秒速でノックアウトされた朝倉は目尻をカットして呆然。

朝倉未来vsya-man

【対戦決定までの経緯】

YA-MANは、キックとMMAの二刀流を極めるため、キックと並行して長南亮が主宰する総合格闘技ジム『TRIBE TOKYO MMA』。そして朝倉未来が所属するトライフォース赤坂(現:JAPAN TOP TEAM)にも通っていたが、10月初旬に自身のSNSで『もうトライフォース赤坂には行かない』と投稿し、決別宣言をしていました。『FIGHT CLUB』の会見でYA-MANは、朝倉に対して、『最近の試合、 すごいつまんない。昔の試合って凄いストリートを感じたんですよね。絶対勝ってやるとか、本当に路上を感じたというか、でも、最近の試合では、ただの競技者になっちゃってますよね。勝ちに徹するというか、昔のギラつき感がない』と指摘。

それに対して朝倉は、対戦カード発表会見で、『無理があるけど、どうしたの?』とYA-MANを挑発していました。

【試合前日の計量】

朝倉は、『一部で、予定調和とかシナリオがあるとか言われているようですけど、明日は完全に真剣勝負です。YA-MANが無理な煽りをしてきましたが、普通に嫌いじゃないしリスペクトしています。でも、明日は殺す気でいきます。向こうも殺す気でくると思います』と挨拶。

YA-MANは、『相手が言ったように、明日は殺す気で行くんで。いつも、しょっぱい試合をするんで、しないように1分でKOしたら1000万円というのはどうですか?ダメですか?本気で倒しにくると思います。お金が好きなんで』と試合を放送するABEMAに賞金マッチを提案。

これが受け入れられると、『明日は、ブレイキングダウンCEOが1分で倒しに来る姿が見られます』と先制攻撃。しかし朝倉は、『1000万くらい、簡単に稼げるんで、すみません』と、この提案を却下。YA-MANはそれを無視して、『明日はブレイキングダウンCEOとして、真剣に倒しに来ると思うんで、真剣勝負楽しみにしてください』と、アピールしていました。フェイスオフでは、険しい表情のYA-MANに対して笑みを浮かべる朝倉。

この時は、存在感では朝倉の方が優っている印象でしたが、初のキックルール挑戦でどんな結末が出るのか注目を集めていましたが、YA-MANの1分とは行かなかったものの67秒という秒殺で朝倉を倒しました。

朝倉未来は引退

朝倉は試合後、『試合映像を見たんですけど、完敗していました。自分の記憶があまり戻ってなくて、何者なのかなってところで、携帯でいろいろ調べていくうちに、朝倉未来がこういう人物なんだなって理解してちょっとずつ思い出してきたところなんですけど、客観的に見て引退ですね』と、淡々と話していました。

『成績とかも調べたらけっこう頑張ってきましたね。こんな家に住んでるわけじゃん。ハングリー精神なくなったんだろうね。これ俺の家?一人暮らししてるの?』と、ダメージの大きさを物語っていました。『初めてここまで記憶なくなった。要するにいま記憶がないからいつもの自分じゃない。まあ格闘家として終わりですね。寝技ですぐやられて、次打撃でやられたわけでしょ。中途半端ですね。率直な感想としては引退ですね』と、引退を示唆していました。

そして、一夜明けた20日にInstagramのストーリーを更新。『生きてます、記憶戻った 沢山のコメント、メッセージありがとう 1回休憩して、色んなこと頑張んないとな』と、つづっていました。前日の引退宣言はどうなるのか?

朝倉未来の歴戦

【総合格闘技記録(試合数:22)】

勝利:17
・ノックアウト:8
・タップアウト:1
・判定:8

敗戦:4
・タップアウト:2
・判定:2
・無効試合:1

【プロキックボクシング記録(試合数:1)】

敗戦:1
・KO:1

【アマチュア総合格闘技記録(試合数:10)】

勝利:9
・ノックアウト:5
・タップアウト:2

敗戦:1
・タップアウト:1

2015年7月19日:『THE OUTSIDER 第36戦』の65-70kg級タイトルマッチで、王者の吉永啓之輔に挑戦。1Rに右フックでKO勝ちを収め王座獲得に成功。12月10日:『THE OUTSIDER 大田区総合体育館SPECIAL』の60-65kg級タイトルマッチで、2年前に一度敗れていた王者の樋口武大に挑戦。1Rにリアネイキッドチョークで、一本勝ちを収めリベンジを果たしました。この勝利で、THE OUTSIDER史上初の二階級制覇を達成。

2017年10月28日:『ROAD FC 043』で、元バンタム級王者のイ・ギルウと対戦し、0-3の判定負け。プロ初黒星。2018年3月11日:『THE OUTSIDER 第50戦 有明ファイナル』のリング上で、ファンに向け、THE OUTSIDER卒業の挨拶。2018年8月12日:『RIZIN』初参戦となるRIZIN.12で、元修斗世界フェザー級王者の日沖発と対戦。1R、日沖のタックルに、左ハイキックをカウンターで合わせダウンを奪い、パウンドで追撃しTKO勝ち。

2019年4月21日:『RIZIN.15』で、ルイス・グスタボと対戦。お互いに引かない激しい展開となった。3-0の判定勝ちをし、無敗のグスタボに初めて土をつけました。この試合で朝倉は前歯を1本折り、グスタボは右拳を骨折。

2021年12月31日:『RIZIN.33』で、斎藤裕と再戦。打撃で圧倒し、3-0の判定で勝利。405日ぶりの再戦でリベンジを果たしました。

2022年6月14日:記者会見が行われ9月に日本開催のRIZINで、フロイド・メイウェザー・ジュニアと対戦することが発表された。2022年9月25日:超RIZINのメインイベントで、フロイド・メイウェザー・ジュニアと、3分3R・無差別級契約・判定決着なしのKOかTKOのみで決着がつくボクシングルールのエキシビションマッチで対戦。メイウェザーにパンチを当てる場面はあったものの、2R終了間際にメイウェザーが放ったカウンターの右ストレートでダウンし、立ち上がるも視点が定まらず、レフェリーが試合をストップし2R3分15秒TKO負け。

朝倉未来のwiki

本名:朝倉 未来
生年月日:1992年7月15日(31歳)
出身地:愛知県豊橋市
通称:路上の伝説・神と魂
国籍:日本
身長:177 cm
体重:66 kg
階級:フェザー級
リーチ:178.5 cm
スタイル:相撲・空手(二段)・禅道会(三段)・ブラジリアン柔術(紫帯)
スタンス:サウスポー
拠点:東京都
チーム:禅道会豊橋道場⇒JAPAN TOP TEAM(トライフォース赤坂)
現役期間:2012年〜

YouTuber・実業家・BREAKING DOWN代表取締役社長・スポーツインストラクター・総合格闘家・歌手。元THE OUTSIDER二階級(60-65kg級・65-70kg級)王者。JAPAN TOP TEAM所属。弟は同じくプロ総合格闘家の朝倉海。

少年時代:極真空手・相撲を習って身体を鍛える。愛知県立三谷水産高等学校に入学:傷害事件を起こし退学処分。名古屋で社会人生活を送りながら地元の豊橋で、暴走族の副総長としてストリートファイトに明け暮れる日々を送る。16歳〜18歳:無免許運転により少年院に収容され1年4カ月を過ごす。退院後:格闘家を志し、禅道会豊橋道場に入門。2013年〜:弟・朝倉海と共に『THE OUTSIDER』に参戦した。

【実業家】
総合格闘家としての活動の他に、アパレルブランド・不動産投資・オンラインサロン・エステサロン・歌手・ジュエリーブランド・宅配冷凍弁当・育毛剤・ダイエットサプリなど、15以上の事業を手掛けており、全てを合算した年商が約30億円である事を明かしています。

【格闘技】
30歳での現役引退を度々公言していたが、後に、格闘技が1番楽しいと気付いて、まだ格闘技をやりたい欲が膨れ上がったとして、30歳での現役引退を撤回。日本国内では、破格のファイトマネーを稼ぐ選手であり、1試合の総収入額が1億円を超える事を明かしています。平本蓮と度々トラッシュ・トークを繰り広げており、一時は平本に対して訴訟を検討していました。

【私生活・趣味】
趣味は将棋・囲碁・オセロ・読書も嗜む。タレントの小倉ゆうかと交際していたが、2022年6月に破局。プロ格闘家になる前の10代の頃から元EXILEの清木場俊介の大ファンであり、EXILEのコンサートにも足を運んだりしていました。プロ格闘家になった後、自身のYouTubeチャンネルで初めて清木場と対面を果たしました。

【BREAKING DOWN】
2021年2月25日『1分間最強を決める』をコンセプトとしたアマチュア格闘技団体BREAKING DOWNを設立し、2023年2月から代表取締役社長を務めています。

-TRENDHACK